笑顔の女性たち

小顔の定義

小顔になるための方法を紹介する前に、小顔について知ることから始めましょう。まず、あなたは小顔の定義というものをご存知でしょうか?
小顔を目指しながらも、どれくらいの大きさの顔が小顔といえるのか分からない方は多いでしょう。
小顔の定義は、身体とのバランスが1:7になる大きさであると言われています。つまり、身長160センチの女性の場合、顔の大きさが20センチであれば小顔となります。つまり、7頭身というわけです。
なお、日本の平均は6.75頭身であるといわれています。意外にも日本国民は、顔が小さいというわけです。
この6.75頭身の平均以下になってしまうと、お世辞にも顔が小さいとは言えません。デカ顔ということになります。

今、自分の身長と顔の大きさを測って凹んでいるあなた、落ち込まないで下さい。
実際のあなたの顔や胴と今測った数値は大いに違っているかもしれません。というのも、あなたの身体には、歪みの可能性があるからです。
あなたの顔の歪みや胴の歪みが改善された時、やっとあなたは本来の数値を知ることができるはずです。

「でも、一体どうやって顔や胴の歪みを改善するの?」
顔や胴の歪みは、様々な方法で改善することができます。
方法はたった1つだけではありません。ヨガ、骨盤矯正、小顔矯正、日常生活の改善など、数えきれないほどの方法があるのです。

また、体調を良好に保つことも、小顔スタイルに近づくための鍵です。
この文書を読んでいる方の中に、顔が浮腫みやすい方はいませんか?
顔が浮腫むと、顔が大きくなってしまいます。それだけではありません。身体事態も太ったようにふっくらしてしまいます。
浮腫みやすい方は、浮腫みを解消するだけでも小顔に近づくものです。
浮腫み体質の改善には、塩分を控える、適度な水分補給、運動、ストレッチなどが効果的です。
浮腫みに効果的なカリウムを豊富に含んだキュウリ、メロン、キウイフルーツ、アサリなどを食べるのも良いでしょう。

そして、忘れてはいけないのが太らないことです。
太れば、顔にお肉がついてしまいますよね。もちろん、胴にもお肉がついてしまいます。
その結果、顔や胴は大きくなってしまい、小顔どころか、デカ顔に見えてしまいます。横に膨張して見えてしまうこともあり、スタイルも悪く見えてしまいます。
小顔を本気で目指すのであれば、体重維持にも気を使いましょう。
体重を維持するための運動ももちろんのこと、顔に無駄なお肉がつかないための顔の筋力を鍛える運動も欠かさないようにしましょう。